西アフリカで流行しているエボラに対する懸念~渡航日の変更?


 

 

現在、西アフリカを中心にエボラ出血熱が流行しています。

ボクが渡航する予定セネガルには今のところ(2014年8月現在)感染者は見つかっていません。
ただ、ギニア、リベリア、シエラレオネとセネガルの近隣諸国で感染者が存在するため、渡航に関しての不安材料であることは間違いありません。

ボクはエボラに関して不思議に思うことがあります。
それは、限定された地域(国)のみで流行しているということです。まあ空気感染はしないということもありますが、致死力と感染力は比例しないのかなぁ。もしくは政府の徹底管理のもと、感染患者は完全隔離の徹底が行われているからですかね。セネガルでは国境を封鎖するなどのエボラに対しての対策がとられてはいるらしいですが、不思議です。近隣諸国で大流行しているだけに。


【渡航日程は変えずに今やれることをする】

エボラの問題はありますが、今のところ当初の渡航予定は変更せずにレストランオープンさせる予定です。
レストランオープンは2015年2月頃を予定しています。渡航予定日は2014年12月~1月を予定しています。ただ、エボラがセネガルにおいても流行する場合があれば、もちろん渡航は延期となりますが。

渡航に関しての懸念材料はありますが、今はとにかくレストランオープンに向けて自分自身のやるべきことをやるしかありません。

ボクは一昨日から新たな職場、魚料理が中心の居酒屋でキッチンスタッフとして働いています。朝の10時~夜中の1時(計15時間)というハードスケジュール。いやー、疲れます。しんどいです。怒られます。だけど目標があるから、なんとか頑張れます。そして楽しい。

 

なんだか今回は日記のようなブログになってしまいました笑
とりあえず今はやるべきこと、やれるべきことを全力でこなしていきます!

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です