日本食堂「和心」開業への道~暖簾デザイン編~


こんにちは、小林です。

最近は「和心」開業に向けて、内装・外装、資格申請などと忙しい日々を過ごしております。
かなり忙しいですが、めちゃめちゃ楽しいです。

というのもインテリアが元々好きで、日本にいたときから色々と自分の部屋であったり、友人の部屋をいじっていました。今回は飲食店ということで規模はかなりでかいし、電気の配線をどうするかといった難しくて初体験のことばかりだけど、すごく充実しています。

ということで、「和心」開業への道~内装・外装編と称しまして、内外装の工事の様子やデザイン、真っ新な物件の状態からどのようにして「和心」が出来上がるのか、今回のブログを含め数回にわたって紹介していきたいと思います!

【和心オリジナル暖簾の作成】

日本食レストランのインテリアにおいて重要な役割を果たす暖簾。
日本から持参した暖簾もいくつかありますが、和心オリジナルの暖簾を作っちゃおう!ということで、ここ、セネガルでオリジナル暖簾の作成に挑んでいます。

そしてつい先日、暖簾作成のデザイン会議が行われました。
暖簾のデザインとしてはシンプルに文字のみを使用する、ということに決まりました。

DSCN1358

 

DSCN1357

文字のみといっても漢字、ひらがな、ローマ字などいくつもバリュエーションがあります。
文字の配置にも気をつかわなければなりません。

数時間に及ぶ会議の結果、暖簾のデザインが決定しました!
今ご紹介したいところですが、暖簾が完成しましたら、こちらのブログか和心のfacebookページでご紹介したいとおもいます!

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です