お宝探し!古着の祭典!マルシェジュディとは?

古着

こんにちは、小林です。
今回はセネガルで開催されている、古着の祭典をご紹介したいと思います。

 

お宝多数!古着市-マルシェジュディ-とは?

マルシェジュディ、これはフランス語です。
日本語にすると木曜市。この木曜市にはお宝がたくさん存在するんです!

セネガルのどこで開催されているの?

開催場所はOuakam(ワッカム)という地域で、和心(僕が働いている日本食レストラン)がある地域です。
和心から徒歩5分以内で、僕にとってはアクセス抜群!
少しわかりづらいと思うので、興味のある方はこちらのGooglemapを参照ください。

値段はどのくらい?激安です!

みなさんが気になるであろう、値段、、、激安です!笑
下記にざっくりとしたカテゴリー別の値段の相場を羅列していきたいと思います。

・Tシャツ(60~300円)
・半袖シャツ(100~300円)/ 長袖シャツ(100~600円)
・パーカー類/春夏アウター(400~1,000円)
・秋冬アウター(500~2,000円)
・パンツ(100~1,000円)
・帽子などの小物類(100~500円)
・靴/スニーカー(1,000~3,000円)

靴が若干高い気もしますが、基本激安です!

KenzoやRalph Laurenなどのブランドも?

シャツ(写真のシャツは実際にマルシェジュディで購入したものです)

このマルシェには、有名なブランド古着も存在します。
偽物なんじゃないの?と思われる方もいるかもしれませんが、恐らく本物なんじゃないかと。
というのも、そもそもブランドの名前とか知らない出展者が多い気がするし、巷では有名なブランドも乱雑に他の商品と一緒に積み上げられているからです。

中にはユニクロやmont-bell(モンベル)などの日本ブランドも。
僕的には、このようなブランドを探し当てることが、このマルシェの攻略法かな、と思います。
絶体に偽物ではないだろうし、意外とお宝ブランドが眠っているので。

シャネルやグッチなどの超ハイブランドの商品もありますが(完全に偽物)、さすがに彼らは知っているだろうし、ここマルシェジュディには本物はないと思います。

根気勝負!数万点以上の商品からお宝を!

古着

本当にもの凄い品数です。

恐らくトータルの品数は数十万点~を超えるんじゃないかという規模。
その中から自分のお気に入りの一枚を見つけるのは骨の折れる作業ですが、宝探しの感覚で楽しみましょう!

和心の空きスペースで古着屋を出店?

和心には空きスペース(倉庫)があり、今年中に(2020年)にそのスペースを利用してブティックをOPENする予定です。

ブティックで提案する商品としては、日本から仕入れた調味料(醤油や味噌など)、お酒などです。
ただ調味料だけを販売するブティックも面白くないので、衣食住を提案できるブティックにしたいと思っています。

ブティックの詳細はまた詳しく紹介したいと思います!

古着にご興味のある方がいましたら、ぜひマルシェジュディ、または和心のブティックまでお越しください!笑

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください