中庭のマンゴーが全て無くなった?犯人は誰だ?

 

マンゴー(毎年、中庭で採れる大量のマンゴー)

 

マンゴー事件!犯人は誰だ?

 

和心(僕らが経営している日本食レストラン)には中庭があります。
その中庭にはマンゴーの木が生えていて、毎年多くのマンゴーが実ります。
しかし、大量に実ったマンゴーが、一夜にして消えるというミステリー…

 

木(和心の中庭にあるマンゴーの木)

 

マンゴーは高値で売れる??

マンゴーといえば、日本では高級な果物ですよね。
しかし!ここセネガルでは、そこら中にマンゴーの木が生えていることもあり、
安値で購入することが出来ます。

気になる、お味は?美味です!
日本で食べる高級マンゴーと、遜色のない味なんじゃないかと思います!
(僕は高級マンゴーを食べたことはありませんが笑)

このことから、犯行は日本人ではないと確信しました。もし売ったとしても大したお金になりませんので。
お金に困り果てている人の犯行…あっ!セネガル人の犯行だ(居候)!

 

和心在住の居候!”ラミ”

和心にはセネガル人の居候がいます。
詳しくはこちらのブログをご参照ください。

ややこしいのですが、ラミは元居候(現居候はワリ)。
居候のイメージとしては(僕の勝手な偏見ですが)お金に困っていて、明日暮らすお金もない。
まさにラミは、僕のこのイメージそのものでした笑

ラミの一日の生活スタイルとしては、、、
昼起床日雇いの仕事を探す(大体見つからない)ふてくされてなのか、知り合いと路上でお茶をする夜ごはんは和心で食べ、就寝。。。こんな感じです笑

 

一夜にして何百個ものマンゴーが無くなる。。。

そして、事件が起きました。
昨日まで大量にあったはずのマンゴー。
それが一夜にして全て無くなっていました。

僕ら(和心在住の日本人)は、ラミの犯行に間違いない!そう確信していました。

ラミに僕らはすぐに問いただしました。
しかし!彼はしらばっくれ、俺じゃない!の一点張り。

まあでも、彼の犯行に間違いないので、ひたすら尋問を続けました。
何分かすると、さすがの彼も諦めて、ごめんなさい!自分の非を認めました。

 

セネガル人のいいところ?切り替えが早い!

尋問を続けている途中に、僕らもラミもなぜか笑い出してしまいました。
なんだか、マンゴーのことなんてどうでもよくなってきた、この状況って日本ではないよなー、とか思えてきて。

その後、彼は謝罪をし、僕らはすぐに和解をして、またすぐにいつもの日常に戻りました。

セネガルにいてよく体験するのですが、セネガル人は切り替えが早い!

喧嘩をしてもすぐに仲直り!これ、僕結構好きで、セネガル人の長所であると勝手に考えています笑
ついさっきまで胸ぐらのつかみ合いのケンカをしていたのに、その数分後には握手をして、はい!仲直り!
これはなかなか日本人には難しい。。。
終わったことを長く引きずってしまう、ある意味日本人のネガティブな要素がセネガル人にはまるでありません。

 

人さまのモノを黙って勝手にとることはよくないですが、この切り替えの早さは見習いたいものです!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください