セネガル最大規模のイベント”ファーマーズマーケット”

 

ファーマーズマーケット

こんにちは。小林です。

本日のブログでは、毎年セネガルで行われている、ファーマーズマーケット(Farmers market)について書いていきたいと思います。

セネガルでは最大規模?のイベント、”Farmers market”

セネガルで行われているイベントはたくさんありますが(音楽イベントやファッションショーetc…)、
これほどの規模で、毎年開催されているイベントはないんじゃないでしょうか(完全に僕個人の見解です)。

しかも、正確にいうと毎月開催なんです!
その年によって多少の変更はありますが、雨期を除く11~6月の期間中に、月1で開催されています。

 

そもそもFarmers marketってなに?

 

野菜(セネガルで購入した野菜)

Farmers marketという単語は聞いたことはあるけど、よくわからない、そういった方もいるのではないでしょうか。

簡単に言うと、その地域の農家などが集まって、自分達が生産した野菜や果物などを紹介、販売するというものです。

今流行りの”オーガニック商品”が売りのひとつであるといえます。

ここ最近、日本での露出も増えていて、多くのファーマーズマーケットが国内で開催されています。
都内でいうと、青山ファーマーズマーケット(UNU)が有名なので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

出展者や来場者はどのくらい?

ファーマーズマーケット(Dakar Farmers marketの様子)

来場者は僕の完全なる肌感覚となってしまいますが、少なくとも毎回1,000人はいると思います。

その来場者の多くは欧米人、日本人を含むアジア諸国の方々、そしてお金持ちのセネガル人となっています。
というのも、ファーマーズマーケットに来場するには入場料がかかる他、そこで売られている物も市場やスーパーで買うよりも高価なため、一般市民にはちょっとハードルが高い、というのが現状としてあるためです。

出展者の数としては、これも正確な数はわからないのですが、約150店舗ほどです。(毎回、多少前後します)
ちなみに和心も毎回出店しています。

え?なんで和心が出店出来るの?そう思われた方もいるとは思いますが、出来るんです!笑

 

自分達でなにか生産しているものがあれば、出店できちゃいます!

 

ファーマーズマーケット(和心ブース)

オーガニック野菜やフルーツを生産してなくても、実は出店出来ちゃいます!

ここセネガルのファーマーズマーケットの多くの出展者は、野菜や果物を販売しているわけではなく、
その他の自家製品(ハンドメイド)を販売しています。

ファーマーズマーケット(藁で編まれている小物入れetc…)

洋服やアクセサリー、化粧品などの様々なジャンルがラインナップされています。

僕らもお寿司や唐揚げを販売しているのですが、”自家製品”なので出店出来ています!笑

 

出店方法は?気になる出展料は?

ダカールファーマーズマーケットの出店方法は、以下の手順となります。

ホームページより、電話、もしくはメールで申し込みをする。(商品の概要などを記載)

出展料の支払いのメールが届くので、そのメールに従って出展料を支払う。

出展料は日本円で3,000~5,000円となります。
値段はオプション(机を二つ使用、コンロを使用など)によって変動します。

三か月分の出展料をまとめて支払う、という方法もあり、これにより一回分の出展料が割安になったりもします。

支払い完了の後のメールを受け取り、正式に出店登録完了。

※現在はコロナの影響で次回の開催時期が未定となっています。今後の動向は、下記のホームページをご参照ください。

URL:Dakar Farmers market

 

自家製品をセネガルでアピールしたい方はぜひ出店を!

この表現は大袈裟かもしれませんが、セネガル在住の全ての欧米人、その他国籍の方々が来場する、そのくらいの勢いがあるイベントです。これも僕の完全なる主観ですが笑。

でも事実してあるのが、和心の一番の宣伝となったのが、このファーマーズマーケットでした。これは間違いないです。
今の僕らがあるのは、このマーケットがあったからといっても過言ではありません

もし、みなさんの中にセネガルでなにかビジネスがしたい、という方がいらっしゃいましたら、絶好のアピールの場となるので、ぜひ出店を計画してみてはどうでしょうか?

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください